自動車保険の種類

自動車保険は車を所有した人なら必ず加入しなければいけない保険、通称、強制保険と加入するかどうかを任意で決められる任意保険とがあります。必ず加入しなければならない強制保険は自賠責保険です。自賠責保険とは自動車賠償責任保険の略で自動車事故を起こした時に自賠責保険の保険料から賠償が支払われます。それだけに事故の賠償としては経済的にはそんなに痛くはないですが、直接的、間接的には痛いです。経済的な負担も保険で賄えない以上の賠償になると自己負担がかかってきます。それに事故を起こしたという罪が消えるわけではありません。それだけに事故を起こさない事が一番です。強制的に入らなければならない自動車保険はだいたい自賠責保険だけですが、加入するかどうかを自由に決められる任意保険はいくつかあります。
任意保険には人に対する保険と車に対する保険があります。自動車保険の任意保険は人をけがさせたりする保険には自賠責保険がありますが、しかし、自賠責保険で補償されるのは限られています。対人賠償保険は人身事故を起こした時の賠償です。自賠責保険と合わせる事でほとんどの人身事故が賠償されます。対物賠償保険は相手の車に衝突したり、壁に衝突したりして壁を壊したときなどに補償されます。その他にも車が盗難にあったりで被害を受けた時の車両保険に対人賠償保険と似ていますが、相手側ではなくて自分側の車に乗っていた人が亡くなったり、けがをした時の搭乗者傷害保険があります。そして、相手側が保険にまったく入っていなかった場合に無保険者傷害保険があります。しかし、無保険者傷害保険は入らなくても良い保険でもあります。ほとんど車を持っていたら任意保険にも入るはずです。任意保険に入っていない人もいますが、たいていは任意保険に入るでしょう。それだけに無保険者傷害保険は入らなくても良いかもしれない保険です。自動車保険はこのようにいろいろな保険があります。どの保険も車を所有しているのなら必要な保険ではありますけど、安全運転を心がけていれば必要になる事はほとんどない保険もあります。それだけに人によって入らなければいけない保険が変わるのが自動車保険です。自賠責保険以外は任意保険ですから途中で変える事は出来ますが、なるべくは保険を変えないでいた方が良いです。そのためには自動車保険を選ぶときに、は良く考える事です。

BOOKMARK